健康・体

受動喫煙に関する条例の施行

投稿日:2018年4月1日 更新日:

東京都子供を受動喫煙から守る条例

平成30年4月1日より「東京都子どもを受動喫煙から守る条例」 という条例がスタートします。

「東京都子どもを受動喫煙から守る条例」一般向け条例啓発チラシ

概要としては、東京都民は子供が喫煙の煙によって生ずる健康被害体への悪影響を防止するために、都民は子どもと同室の空間や公園、学校周辺の路上などで喫煙しないよう努める責務がある。というもの

たばこの煙は、たばこを吸う人だけでなく、周囲の人の生命や健康にも悪影響を及ぼす事が明らかになっている。特に子供達は自らの意思で受動喫煙を避ける事が容易ではなく、維持の必須性が高い事から、東京都議会において原案を可決、条例を制定した。

*ここで言う「こども」というのは18歳未満の児童・生徒のことを示す。

条例施行後吸ってはイケない場所

基本的には家庭内の子供と同室のスペース、子供が同乗する自動車、公園や広場、学校・児童福祉施設・小児科の周辺の路上などは、「たばこを吸ってはいけない位置」となる。

違反しても罰則はないが、条例では息子に受動喫煙させないため、都民は家庭内外において我が子と同室の広がりで喫煙しないよう努める責務が規定されている。

保護者は、家庭外の受動喫煙防止措置が講じられていない施設や喫煙専門室などに我が子が立ち入らないよう努める必須もある。

飲食店向け条例啓発チラシ

東京都では、一般向けや飲食店向けなどに上記のような啓発用のチラシやポスターを作成。条例の内容や受動喫煙防止への理解を呼び掛けている。

 

田舎モノですいません

上京したての人のイラスト

僕も以前、電車で仕事の打ち合わせのため秋葉原駅へ降り立ち、何も知らず駅から出た瞬間にタボコに火をつけて普通に喫煙をした事がありますが、後から打ち合わせ先の方から「そんなところでタバコ吸ったら警察が走ってくるよ!」といわれ「路上喫煙」についての条例と言うものがある事をその時に初めて知り、かなり焦った経験があるのを思いだしてしまいました(^_^;)

*田舎ものというのがこういう場面でわかるらしい(笑)

禁煙するのが一番

いろいろな禁煙のイラスト(男性・イライラ)

さて、こういった条例は東京都だけでなく全国的に制定されることは明らかです。いっその事、喫煙する場所を探して隠れるようにタバコを吸う位なら「禁煙」しちゃったほうが精神的にもお財布的にも楽になるのではないでしょうか?

ところが長年蓄積されたニコチン依存の力は物凄いもので、僕も以前に禁煙というものにチャレンジした事が4回ほど記憶に残っています。いずれも大失敗に終わっていますけどね。

僕の禁煙方法と失敗例

以下にこれまで僕が行った禁煙方法をご紹介しますね。

禁煙ガム

一番最初の禁煙チャレンジは「禁煙ガム」でした。
これはガム自体にニコチンが含まれていて、ガムをかむ事によってニコチンを吸収してタバコの代替品として脳を騙すような感じのものです。

 

【指定第2類医薬品】ニコレット 96個 ※セルフメディケーション税制対象商品

これは正直、自分の中では最短持続記録だったような気がしますね。
当時、このガムを購入して午前中位はタバコを吸わずにこのガムだけを噛んでいましたが、昼食後にタバコを一本、と言った感じで吸って以降、ガムを噛みながらの喫煙という行為に走ってしまい、わずか一日で禁煙に失敗しました。

ニコチンでニコチンの代替というのがそもそも間違いでしたね・・・(^^;

禁煙外来

■

この禁煙外来が一番、「禁煙」できるのではと感じた禁煙方法ですね。
ですが、3回チャレンジしていますが失敗しています(笑)

失敗の理由は後述するとして、まず一番の魅力は治療に際して保険が適用されると言うことでしょう。

治療の金額としても保険が適用されるのでそんなに大金がかかるという感覚ではないです。禁煙ガムやアイコス等にタバコ代以上のお金をかけるのならうまく成功すれば¥20000前後で禁煙が達成できるので安上がりな方法だと思います。

*画像引用:ファイザー http://sugu-kinen.jp/treatment/cost/

では、禁煙外来における禁煙治療とはどんなものかというと、診察において肺の中の二酸化炭素の測定が毎回行われます。

最初の診察時に「チャンピックス」という禁煙治療薬を処方されるわけですが、初めの一週目は投薬を行いながら普通にタバコを吸っててもOKということでした。第二週目からはタバコを吸わないようにと言われますが、このチャンピックスという治療薬、すでにタバコを吸いたいと言う衝動は抑えられていますので無理にタバコを吸うという必要性もなくなります。

早い人だと初めの第一週目で禁煙成功する方もいるようです。

ただ、デメリット的な部分もあり、この治療法は禁煙治療に保険が適用されてから一年以上経たないと再度の禁煙治療は出来ない仕組みとなっています。

ですから、一度禁煙治療に失敗したら初診の日から数えて一年後にならないと保険を適用しての禁煙治療はできません。僕はトータル3回の禁煙治療に失敗していますので合算3年は無駄に時間を費やしているわけです(笑)

 

8

チャンピックス スターターパック

では何故、僕がこれだけ成功率の高い禁煙治療法を行いながらも3度も禁煙に失敗しているのかと言うと、仕事柄車の移動も単独ではなく複数で移動を行うために失敗していると思いたいところではありますが、最終的には自分の意思ですからね~(^_^;)

どうしても移動中や仕事中に愛煙家しかいない環境の中で一本のタバコを、勧められると「一本だけならダイジョウブ」みたいな安易な考えでタバコを吸ってしまいます。そのときの感覚と言うのがタバコを吸ったことのある人ならわかるでしょう、「ヤニクラ」という感覚に襲われる事を・・これが味わいたくてある程度時間をおいてまた吸ってしまい、結局は禁煙なんてどこへやら、普通に喫煙を開始してしまうのですね。

僕はまるっきり同じことを合計3回やって未だ禁煙できずにいます。

そろそろまた、禁煙外来いこうかな~(笑)

禁煙補助書籍

禁煙ガムも禁煙外来も効果のなかった僕ですが、仕事関連で交流のあった方からある書籍を勧められました。その方は、結構なヘビースモーカーである日、この雑誌を読むようになりそれ以降、ピタリとタバコを吸わなくなったそうです。

読むだけで絶対やめられる禁煙セラピー [セラピーシリーズ] (ムックセレクト)

そんな事あり得ねえだろ~、などと疑いながらもその人が言う、ある書籍を購入してみましたところ、読むだけでタバコが止めれるということに納得できました。

この本はネット上でもかなり有名な書籍のようで沢山のサイトで目にすることが多かったのを覚えています。

これを読んでいる時に関してはタバコを吸うということはほぼなかったので、今回はイケるのでは?という期待が当然ありましたが、しかし意志の弱さの象徴でもある僕ですのでその後の展開に関しては禁煙外来の結果とほぼ同じです。

こんな感じですので僕が禁煙に成功するのはいつになるやら皆目見当もつきませんね。

残 念・・・・

まとめ

禁煙するための手法として一番大事なのは薬やモノに代用するのではなく最終的には自分の意思が成功のカギを握ると思います。ただ、ここで紹介した失敗例の中の「禁煙外来」「禁煙セラピー」は僕個人の意見としては一番有効な禁煙方法ではないかと思っています。禁煙外来も継続さえできれば成功率の高さはダントツですし、「禁煙セラピー」という書籍については内容的に共感できる事が多く書かれていて「禁煙外来」と同時進行で進めて行くことで禁煙成功率のアップが見込まれそうですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

SponsorLink




SponsorLink




スポンサーリンク




おすすめの記事

-健康・体
-, , , , , ,

Top

Copyright© 生活支援.club , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。